音情報システム研究室のホームページにお越しいただきありがとうございます。当研究室では「音」および「信号処理」をキーワードに音響分野の信号処理を中心とした研究を展開しています。具体的には騒音を能動的に制御・低減するアクティブノイズコントロール(能動騒音制御:ANC)、立体音空間を創生する音場再現システム、スマートフォンやタブレット端末に内蔵されている超小型スピーカや超指向性を有するパラメトリックアレイスピーカ(PAL)の音質改善などを最新の信号処理技術を用いて実現する研究を行っています。

また、スマートフォンやタブレット端末に内蔵されている超小型スピーカや超小型マイクロホンの設計を支援するシステムやそれらの音響空間を解析する手法の検討も行っています。さらに、人の生体情報(バイオメトリクス)を利用した個人認証システムについて、特に音響信号の側面から検討しています。

当研究室では以上の研究テーマを数多くの企業や海外の大学と共同で進めることで基礎研究から実用化研究まで幅広く研究活動を展開しています。各研究プロジェクトを中心になって進めてくれるのは当研究室の学生たちです。コンピュータ上でのシミュレーションに止まらず、DSP(デジタルシグナルプロセッサー)を用いて実際にシステムを実現するところまで行います。また、得られた研究成果はIEEE、電子情報通信学会、日本音響学会など国内外の関連学会で発表ならびに論文掲載しています。

当研究室では以上のように音響分野を中心としてアクティブに研究を進めています。企業関係者の皆様におかれましてはお気軽に研究内容についてご相談いただければ幸いです。また、音や信号処理に興味を持つ学生・生徒の皆さんもぜひお気軽にお問い合わせください。



音情報システム研究室 教授 梶川嘉延
電子メール:kaji[at]kansai-u.ac.jp

梶川嘉延の紹介ページ


トップページに戻る


当ホームページは音情報システム研究室が運営しています。
ご意見・ご要望はWebMasterまでお寄せください。

Copyright © 2017 Audio and Acoustic Signal Processing Laboratory. All Rights Reserved.